子どもの権利・教育・文化 全国センター子どもの全国センター紹介アピール・声明発行物の紹介ニュース催物お問合せ
コンテンツイメージ
トップページへ戻る 子どもの全国センター紹介 アピール・声明 発行物の紹介 ニュース 催物 各種お問合せ
ホーム>発行物の紹介
コンテンツタイトル
10改訂・ポケット版 子どもの権利ノート

掲載日: 2010/11/30
メイン画像 10改訂・ポケット版 子どもの権利ノート
― 国連の第1回・第2回・第3回「勧告」掲載 ―
頒価300円(送料別)

ポケット版『子どもの権利ノート』は、子どもの権利条約全文や日本政府に対する国連の勧告、子どもにかかわる重要な諸文献を収録しています。今回、2010年6月に出された国連の「第3回勧告」を収録・改訂しました。
2006年12月、大きな反対世論を押し切って教育基本法が「改正」されこれに伴い学校教育法も変えられましたが、私たちは、これらの新法は憲法や子どもの権利条約に根本的に反すると考えています。『権利ノート』には、憲法に基づき1947年に施行された教育基本法と、2006年の教育基本法を対照的に掲載しています。学校教育法の「改正」法(抄)も批判的な立場で掲載しました。また、児童福祉法の条文の抜粋、および児童憲章を掲載しました。

2010年11月10日
  
<10改訂版の内容>
・子どもの権利条約(全文) (見出し、ユニセフ訳の脚注つき)
・日本国憲法(抄)
・教育基本法
・児童福祉法(抄)
・学校教育法(抄)
・ユネスコ学習権宣言
・児童権利宣言
・児童憲章
・児童の権利に関するジュネーブ宣言
・国連子どもの権利委員会 第1・2・3回「勧告」

お申込みはこちらへ



子どもの権利条約ポスターリーフ(中・高校生版)

掲載日: 2007/4/29
メイン画像 子ども全国センターは2006年4月、「子どもの権利条約ポスターリーフ(中・高校生版)を改訂しました。
このポスターリーフは、1994年4月に子どもの権利条約の批准記念として初版を発行したものです。
この間、市民・NGO報告書づくりや、国連子どもの権利委員会の「勧告」を討論するなかで、子どもの権利条約の理念が深められ、これまでの考え方を改めた点もありました。
今回の改訂版はその到達点をふまえて、新しく「差別の禁止」「教育への権利」「市民的自由」「虐待・放任からの保護」を入れました。また、「意見表明権」については、昨年秋に公表された国連子どもの権利委員会の「乳幼児の権利」も視野に入れて、全面的に説明文を書き変えました。旧版に寄せられました批判的なご意見を活かし。「絵」や「説明文」を改めました。
批准・発効から10年を過ぎても、子どもの権利条約はまだまだ知られていません。条約を普及し理解をひろげるために、このリーフが子どもも、おとなにも活用されることを期待します。

*縦28cm、横60cm、フルカラー
*頒価 1部35円 (送料別)
*100部以上は、1部25円に割り引きます。
*お申し込みはこちらへ
*FAX申込用紙はこちら(PDF)



リーフ「一人ひとりの子どもを大切に」

掲載日: 2007/4/28
メイン画像 改悪教育基本法と安倍「教育再生」計画の具体化が強まる中、子どものこと教育のことを地域で語りあい、共同をひろげていくためのミニ集会・学習会用の資料です。
教育関連3法「改正」案、少年法「改正」法案と「教育再生」のねらい、「憲法・子どもの権利条約・1947教育基本法を生かした教育づくり」へのよびかけ、などがイラスト入りで紹介されています。
*A3判両面フルカラー、4つ折り
*無料。送料のみご負担いただきます。

お申し込みはこちらへ



「教育基本法って、な〜に」

掲載日: 2007/4/26
メイン画像 1947年施行の教育基本法をわかりやすくまとめたリーフレット。
教育基本法前文・全十条とやさしい説明を、カラフルなイラストで見やすく構成しています。(100円→20円)

お申込みはこちら



21世紀への教育改革提案「人間らしさあふれる教育をめざして」

掲載日: 2007/4/25
メイン画像 <日本の教育改革をともに考える会・2000年2月発行> 

“子どもから、学校から、地域から、草の根の教育改革を”のよびかけに応えた1000を越える個人・団体が力を合わせて創り出した子どものしあわせを願う教育改革提案。
(700円→350円)

お申込みはこちら



ページを移動 》 | 1| 2|
ページトップへ 

 子どもの権利・教育・文化 全国センター子どもの全国センター紹介アピール・声明 発行物の紹介 ニュース催物お問合せ