子どもの権利・教育・文化 全国センター子どもの全国センター紹介アピール・声明発行物の紹介ニュース催物お問合せ
コンテンツイメージ
トップページへ戻る 子どもの全国センター紹介 アピール・声明 発行物の紹介 ニュース 催物 各種お問合せ
ホーム>発行物の紹介
コンテンツタイトル
「憲法ってなに? 一人ひとりが幸せに… わたしにも何かできる」

掲載日: 2017/3/2
メイン画像 2017年は、戦争の反省から生まれた日本国憲法の施行70年、そして憲法に基づく民主的な教育をすすめるための教育基本法が施行されて70年の記念の年です

しかし、安倍政権はいよいよ憲法「改正」の動きを強めています。
戦争を知らない子どもたちや若い世代の人びとに、憲法を身近なところから考えてほしいと願い、リーフレットをつくりました。

お子さんやお孫さんに、あるいは集会や街頭宣伝などの折に、18歳になった若者をはじめ学生さんや働く人々に紹介してください。

A6判、四つ折りフルカラー
1部5円、1000部以上は1部3円、送料別。
お申し込みは、子どもの権利・教育・文化 全国センターへ。

≫≫≫リーフレット(PDFはこちら)



「憲法について高校生・中学生1万人に聞きました」

掲載日: 2016/7/27
メイン画像 パンフレット発行のお知らせ

「憲法について高校生・中学生1万人に聞きました」

2015年10月〜11月、子ども全国センターは高校教育研究委員会と協同で、全国の高校生、中学3年生を対象に「1万人憲法アンケート」を実施し、高校生約9000名、中学生約2000名から回答を得ました。

その結果を要約した「ダイジェスト版」、詳細なデータと憲法9条、基本的人権、18歳選挙権などについての中高生の代表的な意見を集約した「分析・資料編」を作成しました。

「ダイジェスト版」
A4サイズ8ページ、フルカラー  1部20円(送料別)

「分析・資料編」
A4サイズ28ページ、白黒     1部100円(送料別)

*お問い合わせは子ども全国センターまで



リーフレット『18歳選挙権 未来をつくるのはわたしたち』

掲載日: 2016/3/24
メイン画像 今年の参議院選挙から18歳以上の青年が選挙権を行使できるようになります。
しかし政府は、学校での政治教育や高校生の政治的活動にきびしい制約を加えようとしています。
政治的活動は、憲法も子どもの権利条約も保障している基本的人権です。
不当な制約をやめさせ、高校生が社会の動きを学び、自らの意見を持ち、民主社会の形成者として育つことができるように、励ましましょう。

リーフレットを高校生に紹介してください。

A6判、四つ折りフルカラー。
1部5円、1000部以上は1部3円、送料別。
お申し込みは、2016年3月28日以降、子ども全国センターへ。

≫≫≫リーフレット1(PDFはこちら)
≫≫≫リーフレット2(PDFはこちら)



批准20周年記念リーフレットを発行しました

掲載日: 2015/7/10
メイン画像 子どもの権利条約を日本が批准して20年。
政府には、条約の精神を生かして、子どもたちの生活や学習などの
環境を改善していく責務があります。
改めて、子どもの権利条約の内容や日本政府への国連勧告を読み、
私たちにできることを考えましょう。あわせて、第4回国連勧告に
むけて市民の報告書をつくるとりくみをすすめましょう。
地域で、学校で、気軽に読みあい学びあえるリーフレットです。
四つ折りA5判、フルカラー、無料。送料のみ負担していただきます。
≫≫≫リーフレット(PDFはこちら)



ブックレット『子どもをみるまなざしを問い直す』を発行しました

掲載日: 2014/5/8
メイン画像 子ども全国センターは、2013年12月6日のシンポジウム「子どもたちが幸せに生きる社会を」におけるシンポジスト、コーディネーターの発言と、2014年2月22日の「子どもと教育を語るつどい」における講演「子どもの主食としての『あそび・遊び』」(増山均・早稲田大学教授)を収録したブックレットを発行しました。
パンフレット「子どもたちが幸せに生きる社会を〜生かそう子どもの権利条約」やポケット版『子どもの権利ノート』とあわせて、子どもの権利条約を具体的にいかすとりくみの参考としてご活用ください。
お問い合わせは事務局まで。



教育委員会制度に関わる教育委員のアンケート

掲載日: 2014/4/28
メイン画像 子ども全国センターは2014年3月から4月にかけて、全国の都道府県・市町村教育委員会の教育委員あてに「教育委員会制度に関わるアンケート」を依頼し、その結果をまとめました。
教育委員会制度に関わるアンケートPDFはこちら



子どもたちが幸せに生きる社会を〜生かそう子どもの権利条約

掲載日: 2013/5/10
メイン画像 2013年2月、パンフレット「子どもたちが幸せに生きる社会を〜生かそう子どもの権利条約」を発行しました。
A5判、本文16ページ、フルカラー、当面は無料(送料のみご負担いただきます)
主な内容:子どもの大好き3点セット(三上満)
     子どもをみるまなざしを問い直す(堀尾輝久)
     子どもの権利のために(津田玄児)
     「いじめ」、暴力の克服を
     東日本大震災・原発事故 子どもの立場からの復興・支援を
     子どもの権利条約って??
     子どもの権利条約は万国共通の子育て書

≫≫≫子どもの権利条約パンフレット(PDFはこちら)
お申し込みはトップページの「お問い合わせ」からどうぞ。



10改訂・ポケット版 子どもの権利ノート

掲載日: 2010/11/30
メイン画像 10改訂・ポケット版 子どもの権利ノート
― 国連の第1回・第2回・第3回「勧告」掲載 ―
頒価300円(送料別)

ポケット版『子どもの権利ノート』は、子どもの権利条約全文や日本政府に対する国連の勧告、子どもにかかわる重要な諸文献を収録しています。今回、2010年6月に出された国連の「第3回勧告」を収録・改訂しました。
2006年12月、大きな反対世論を押し切って教育基本法が「改正」されこれに伴い学校教育法も変えられましたが、私たちは、これらの新法は憲法や子どもの権利条約に根本的に反すると考えています。『権利ノート』には、憲法に基づき1947年に施行された教育基本法と、2006年の教育基本法を対照的に掲載しています。学校教育法の「改正」法(抄)も批判的な立場で掲載しました。また、児童福祉法の条文の抜粋、および児童憲章を掲載しました。

2010年11月10日
  
<10改訂版の内容>
・子どもの権利条約(全文) (見出し、ユニセフ訳の脚注つき)
・日本国憲法(抄)
・教育基本法
・児童福祉法(抄)
・学校教育法(抄)
・ユネスコ学習権宣言
・児童権利宣言
・児童憲章
・児童の権利に関するジュネーブ宣言
・国連子どもの権利委員会 第1・2・3回「勧告」

お申込みはこちらへ



子どもの権利条約ポスターリーフ(中・高校生版)

掲載日: 2007/4/29
メイン画像 子ども全国センターは2006年4月、「子どもの権利条約ポスターリーフ(中・高校生版)を改訂しました。
このポスターリーフは、1994年4月に子どもの権利条約の批准記念として初版を発行したものです。
この間、市民・NGO報告書づくりや、国連子どもの権利委員会の「勧告」を討論するなかで、子どもの権利条約の理念が深められ、これまでの考え方を改めた点もありました。
今回の改訂版はその到達点をふまえて、新しく「差別の禁止」「教育への権利」「市民的自由」「虐待・放任からの保護」を入れました。また、「意見表明権」については、昨年秋に公表された国連子どもの権利委員会の「乳幼児の権利」も視野に入れて、全面的に説明文を書き変えました。旧版に寄せられました批判的なご意見を活かし。「絵」や「説明文」を改めました。
批准・発効から10年を過ぎても、子どもの権利条約はまだまだ知られていません。条約を普及し理解をひろげるために、このリーフが子どもも、おとなにも活用されることを期待します。

*縦28cm、横60cm、フルカラー
*頒価 1部35円 (送料別)
*100部以上は、1部25円に割り引きます。
*お申し込みはこちらへ
*FAX申込用紙はこちら(PDF)



リーフ「一人ひとりの子どもを大切に」

掲載日: 2007/4/28
メイン画像 改悪教育基本法と安倍「教育再生」計画の具体化が強まる中、子どものこと教育のことを地域で語りあい、共同をひろげていくためのミニ集会・学習会用の資料です。
教育関連3法「改正」案、少年法「改正」法案と「教育再生」のねらい、「憲法・子どもの権利条約・1947教育基本法を生かした教育づくり」へのよびかけ、などがイラスト入りで紹介されています。
*A3判両面フルカラー、4つ折り
*無料。送料のみご負担いただきます。

お申し込みはこちらへ



ページを移動 》 | 1| 2
ページトップへ 

 子どもの権利・教育・文化 全国センター子どもの全国センター紹介アピール・声明 発行物の紹介 ニュース催物お問合せ